Past
Exhibitions

第2回 Play of color

2020.11.18 - 2020.11.23

第2回 Play of color

第2回 Play of color 水彩画四人展

会期:2020年11月18日(水) - 11月23日(月) 会場:2階 出展:池永宮代子、植松トモ子、大村慶江、小我野恭子


深沢尚宏 展

2020.11.18 - 2020.11.23

深沢尚宏 展

深沢尚宏 展 [すぅっと、たたずむ]

会期:2020年11月18日(水) - 11月23日(月) 会場:1階 出展:深沢尚宏

長い歴史を積み重ねた日本美術に重み、偉大さ、美しさを感じています。
私はグラフィックデザインを学びました。そしてそれを入口にしてさまざまなアートに出会い、室町から江戸時代にかけての絵師たちの影響を受け、絵を描き始めました。彼らの空間構成や花鳥の華美な世界に酔ったのを今でもはっきり覚えています。私はその花鳥の世界をアップデートし現代の空間に合う軽やかな和の世界を作りたいと思っています。

私は花の絵を描いている時はいつも生け花をしているような気分になります。そこで今回はシンプルな一輪挿しをイメージした作品を描きました。西洋の文様を入れた金箔作品も実験的に描いています。そんな新作たちを客観的に見た素直な気持ちから「すぅっと、たたずむ」というタイトルにしました。

江戸時代以前に見られた古典の美しさと、現代的ビジュアルであるグラフィックの軽やかさを融合させた新たな和をご覧ください。

深沢 尚宏    FUKASAWA Hisahiro

1976年 長野県長野市生まれ
1999年 大阪芸術大学 卒業
2001年 桑沢デザイン研究所 卒業
神奈川県 在住

    <受賞>

  • 2013年

    LUMINE meets ART AWARD 2013/準グランプリ

  • <個展>

  • 2007年

    HAYATO New York 青山 (東京)

  • 2008年

    恵比寿三越 アーティフェックスギャラリー(東京)

  • 2010年

    The Artcomplex Center of Tokyo(東京)

  • 2018年

    アートギャラリー北野 同'19、'20

  • 2019年

    ギャラリーエクサアート(大阪)

  • ギャラリーDaimon(京都)

  • <グループ展>

  • 2010年

    The Artcomplex Center of Tokyo(東京)同'11、'13

  • 2018年

    「シンビズム 信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち」丸山晩霞記念館(長野)

  • <アートフェア>

  • 2009年

    International Artexpo New York 2009(ニューヨーク USA)

  • 2013年

    Art Show Busan 2013(釜山 韓国)

  • 2014年

    Art Show Busan 2014(釜山 韓国)
    Art Santa Fe 2014 (サンタフェ USA)
    Salon Art Shopping 2014(パリ フランス)

  • 2015年

    Art Busan 2015(釜山 韓国)

  • <その他>

  • 2008年

    NTT Communications 季刊誌『Gold Club』夏・冬号 表紙絵
    スイス「SIGG」より深沢尚宏モデルのアルミボトル世界販売

  • 2009年

    旭化成ホームズ「アトラスタワー茗荷谷」広告メインビジュアル作成
    Swatch MTV playground アートワーク提供

  • 2010年

    上海国際博覧会「日本産業館webサイト」アートワーク提供

  • 2013年

    「龍馬伝」幕末志士社中プロジェクションマッピング ビジュアル制作担当(同'15)

  • 2015年

    プルミエールビジョンPARIS アートワーク提供


近藤由起子 水彩画展

2020.11.11 - 2020.11.16

近藤由起子 水彩画展

近藤由起子 水彩画展

会期:2020年11月11日(水) - 11月16日(月) 会場:2階 出展:近藤由起子

近藤 由起子    KONDO Yukiko

京都市立芸術大学 美術学部日本画科 卒業

近藤由起子[水彩画]・山崎俊江[ミニアチュア]・行澤祐子[染布絵]のユニット『sisters』で個展、二人展、三人展で作品を発表

  • 2007年

    芸大同窓生によるグループ展『15人15色展』(名称は人数により変動)、ギャラリー・テラ(京都市)、ヤマモトギャラリー(京都市)、知恩院和順会館(京都市)にて、一年半毎に計9回(~2019年)

  • 2010年

    個展 galerie weissraum(京都市)

  • 個展 GALLERY173(池田市)

  • 2011年

    個展 galerie weissraum(京都市)

  • 個展 GALLERY173(池田市)

  • 2012年

    個展 galerie weissraum(京都市)

  • 2013年

    個展 GALLERY173(池田市)

  • 三人展 galerie weissraum(京都市)

  • 2014年

    三人展 Art Spot Korin(京都市)

  • 二人展 GALLERY173(池田市)

  • 2016年

    三人展 Art Spot Korin(京都市)

  • 二人展 GALLERY173(池田市)

  • UAF(宇治アートフォーラム)美術作品展(~2019年)

  • 2018年

    マレーシア国際水彩画展出品

  • 2020年

    イタリアファブリアーノ国際水彩画展出品

宇治市にて -水彩画教室- アトリエ『麦』musica 主催


淺田ようこ 水彩画展

2020.11.11 - 2020.11.16

淺田ようこ 水彩画展

淺田ようこ 水彩画展

会期:2020年11月11日(水) - 11月16日(月) 会場:1階 出展:淺田ようこ

淺田 ようこ    ASADA Yoko

2007年 日本水彩画会 石井賞
2008年 上野の森美術館 日本の自然を描く展 佳作賞

<個展>

  • 2009年

    ギャリエヤマシタ(京都)

  • 2011年

    アートスペース東山(京都)

  • 2012年

    アートデアート(大阪)

  • 2014年

    ギャラリーヒルゲート(京都)

  • LADSギャラリー(大阪)

  • 2015年

    ギャラリーカト(京都)

  • 2018年

    ギャラリー カト(京都)

<グループ展など>

  • 2004年

    京都新聞社 チャリティー展(以降毎年出品)

  • 2005年

    日本水彩画展(~2011年)

  • 2011年

    フォルムの会展(~2016年)

  • 2012年

    水彩人展 初出品、会員推挙(以降毎年出品)東京、石川、名古屋

  • 2016年

    JWS日本透明水彩会 会員(以降毎年出品)東京、名古屋、大阪

その他企画展、グループ展多数
水彩人会員、JWS日本透明水彩会会員
アトリエ・ブラン、KBS京都放送カルチャー 講師、NHK文化センター 講師


中村文昭 展

2020.11.04 - 2020.11.09

中村文昭 展

中村文昭 展

会期:2020年11月04日(水) - 11月09日(月) 会場:2階 出展:中村文昭


ジパン具 vol.13

2020.11.04 - 2020.11.09

ジパン具 vol.13

ジパン具 vol.13 「守・破・離」具で描く日本画展。

会期:2020年11月04日(水) - 11月09日(月) 会場:1階 出展:池山れい、加藤ゆず、中野一義、廣瀬麻里子、福井安紀、福元なおんど、藤岡雅人、堀井利香、松村年恒、宮本明、山口和鷹、吉江寛

古来、日本の伝統的な画材には「具」という胡粉をベースにして各種の彩料を合わせた絵具(具絵具)を使う文化がありました。描き手が具と彩料あるいは、彩料同士を合わせ新たな色彩を創ることによってゆたかな画面を生み出してきたと言えます。

今回は木(板材)と胡粉(貝殻胡粉)をテーマとして制作に挑むこととなりました。
古来より寺社建築の天井・厨子・扉・板壁の板材に彩色画が施されたり、絵馬として板絵を奉納されたりしてきました。一方、胡粉は鎌倉・室町時代以降、白の顔料として欠かせないもので現代の日本画でも使われ続けています。このニ大テーマをメンバー個々の視点から技法を駆使して描かれた様々な作品を是非ご高覧ください。

池山 れい    IKEYAMA Rei

1983年 東京都生まれ

東京と京都を主な活動拠点とし、個展・グループ展多数
普段は一種類の青で作品展開している

加藤 ゆず    KATO Yuzu

  • 2012年

    明星大学 造形芸術学部 絵画専攻 卒業
    卒業制作展 最優秀賞

  • 2013年

    同大学研究生修了 修了制作展 大学買い上げ

  • 2018年

    松山庭園美術館「猫ねこ展覧会2018」にてコノキ・ミクオ賞受賞

その他個展・企画展多数

中野 一義    NAKANO Kazuyoshi

  • 1986年

    京都教育大学 卒業

  • 1987年

    青垣日本画2001年展 優秀賞

  • 1989年

    山種美術館賞展 招待出品

  • 1990年

    奈良教育大学大学院 修了

廣瀬 麻里子    HIROSE Mariko

1989年 神奈川生まれ

  • 2015年

    多摩美術大学 絵画学科日本画専攻 卒業

  • 2012年

    第41回 人展 大阪市教育委員会賞

  • 2014年

    かわさき市美術展 最優秀賞

  • 2018年

    かわさき市美術展 奨励賞

和紙を揉み込むことで出来た線や、木目などを伝い絵具を置いて制作している。

福井 安紀    FUKUI Sadanori

  • 1991年

    土と石で描き始める。日展に入選

  • 1994年~

    個展活動(京都、東京、仙台、福岡、釧路など)128回

  • 2013年

    高砂神社能舞台・鏡板の松を制作(兵庫県高砂市)

  • 2015年

    グループ尖に参加

  • 2016年

    鏡石鹿嶋神社・御扉に神鹿図を制作(福島県鏡石町)

  • 「ふすま絵プロジェクト」をはじめる

  • 2019年

    ホテル客室140室の室内壁画制作(京都市)

福元 なおんど    FUKUMOTO Naondo

  • 2003年

    個展(京都)

  • 2005年

    日本画ジャック(京都文化博物館)

  • 2011年

    個展「MONONOKE PANDEMONIUM」(フランス)

  • 2013年

    グループ尖に加入

個展・企画展多数

藤岡 雅人    FUJIOKA Masato

  • 1986年

    京都精華大学 日本画科 卒業
    春季創画展 春季展賞、京都市長賞(同'87)

  • 1988年

    青垣2001年日本画展 大賞
    セントラル日本画大賞展 佳作(同'90 入選)

  • 1993年

    アートビエンナーレ京都大賞(京都文化博物館)

  • 2014年

    尖20回記念展(京都市美術館 本館1階)

  • 2016年

    個展(ギャラリーcreate洛)

堀井 利香    HORII Rika

  • 1986年

    京都精華大学 美術学部 卒業
    京都の四季展 買い上げ賞

  • 1987年

    青垣2001年日本画展 大賞

  • 1996年

    尖展出品(~2002)

松村 年恒    MATSUMURA Toshitsune

1961年 京都市生まれ

  • 1986年

    京都精華大学卒業

  • 2012年

    個展(ギャラリー知 京都)

  • 2015年

    個展(森林の水pr館 小浜)

  • 2017年

    個展(アートスペースMEISEI 京都)

  • 2018年

    ジパン具に参加

宮本 明    MIYAMOTO Akira

  • 2017年

    Art Central Hong Kong(香港)

  • 2018年

    Synergy Eye Center 作品発表(金門県)

  • Asia Now(パリ)

  • 2019年

    内外静動(京都)

  • Art Fair Philippines(マカティ)

  • 2020年

    Inevitably Imperfect (マカティ)

詳細 akiramiyamoto.com

山口 和鷹    YAMAGUCHI Kazutaka

  • 1991年

    春季創画展 入選

  • 1992年

    春季創画展 入選

  • 2000年

    尖展参加(~2006)

  • 2006年

    星野慎吾賞展 入選

吉江 寛    YOSHIE Hiroshi

1992年 大阪府生まれ

  • 2015年

    金沢美術工芸大学 卒業

  • 島根県総合美術展 島根日本画協会奨励賞

  • 2016年

    堺市展芸術新人賞

  • 2017年

    東京春季創画展 入選

  • 2018年

    尾道市立芸術大学大学院 修了


Opening events

Archives